2018.3.16

東京設計室で「感謝祭」を開催しました

東京設計室で、今期の成果を振り返る「感謝祭」が開催され、東京設計室メンバーが今期の取り組みをねぎらい合うとともに、来期に向けての志や展望を共有しました。

各作品の担当者が受注の経緯や秘訣、作品への思いなどを次々と発表。図書館や保育園、住宅などが複合する千代田区公共施設の担当者は「プロポーザルの提案書などさまざま検討資料に目を通し、並々ならぬ想い、積み重ねられた追求を感じた」とプロポーザルチームの健闘を称え、「生々しい実態、潜在的な期待、時代潮流を汲み取り、紡いでいくことで『0歳から100歳までが利用できる』という可能性を最大限に活かしていく」と今後への意気込みを新たにしていました。

ほかにも、1つ1つの案件に対してメンバー全員が志や思いを語り合い、若手からは「自分もぜひ関わりたい」と立候補する声も。これからも、営業や企画・計画、実施・監理の枠を超えた「共同体ならでは」の体制と気運を高め、活力ある社会の再生に貢献してまいります。

 

前後の記事

ニュース

活動報告

    〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-3-2 類ビル2F受付
    TEL:06-6305-2222(代表)